読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑顔を追う人を追う人。

フニテル推しを推進するたっきーさんであった

Innocent Age ツアー 各公演振り返り

茅原実里さんの、アルバムInnocent Ageを引っさげてのライブツアー。本日を持って全5公演が終了しました。お疲れさまでした。
私個人としても社会人になってから初めてのライブツアー参戦ということで、全通しようと決意しぐるっと回ってまいりました。結果、5公演じゃ全然足りないくらいの感覚。ずっとやっててほしい。やってたいとも言ってたけど。

詳しい感想は追々書くとして、とりあえず今日は各公演で思ったことを備忘録的に記しておきます。各回、終演後に書き残していた一言メモから書き直していますので、ところどころ口調がおかしいですが気にせず。

神奈川公演
1本目ということで、とりあえず愛に包まれてる感がすごかった。心にジーンと染み渡ってて、ふとするとニヤけてるこの感じ。見ててアレとか言うな。
かなり久しぶりのFinal Moratoriumは追加のイントロ付き。あの高まりはゾクゾクした。
ケニーのコーラスにとても温かみを感じる。でこのメンバーでの、パシフィコ横浜での、Lush March!!ってわけ。つよさしかない。旗ギターおじさん。

宮城公演
終演後にやったらと晴れやかな気分で、前回の余韻が長引いている感じとはまた違う感覚。
始まって、いつかのわたしへ〜モノローグ〜Awakening the Worldと流れる序盤、そして、モノローグ〜会いたかった空〜はるかのわたしへと流れる終盤、どちらもずっと泣き通している。異常に泣いてておかしい。たぶん前回は久しぶりのみのりんワンマンだったから、今回のほうがIA自体に没入できてるんだろうなぁ。
旗曲はべスマ、大先生は箒&グラサン装備。これ場所ごとにレベルアップするやつだ。

福岡公演
座席が通路直後で、前にスペースある位置。最高やん。
ありがとう、だいすき。基本的にはIA世界に没入してこの地点に来るため、泣くというよりは笑顔になれるポジションだと思って過去2回聞いてきたんだけど。今回は7月7日の笹の葉ラプソディ鑑賞儀礼と、ハルヒ10周年関連のいろいろがあった直後だったから、どうも頭の中で有希やら有希ちゃんやらが交錯してしまいボロ泣き。いろんな感情が雑ざり合って眩暈がした。
そこから、ふたり〜モノローグ、まで泣き通してた。ふたりのサビの指差しは、後からファンたちの指越しにみのりんを見て泣くようになってしまった。

大阪公演
福岡から1週間しか間空いてないのにものすんごい楽しみにしてた。
序盤のAwakening the Worldまで泣いてしまうのは、もはやみのりんのライブを生で見られること自体にありがたみを感じてるからなんだろうなと思う。
会いたかった空は、元から劇場版境界の彼方で十分に涙腺をお壊しいただける危険な曲だけれども、今回のツアーで完全にアウトな曲になってしまった。MV、アニタイ、アルバム、どの観点から聞いても爆弾しか抱えてない。迂闊に聴けないし問答無用で泣く。とんでもない曲をつくってくれたものだ。

愛知公演
Innocent Ageは愛を知る県で閉幕する。これは確信犯かと思っていたが、特に言及はなかった。
再びFinal Moratoriumをあのイントロ付きで聴けたのは素直にうれしかったけれども、直後のDefection……ひえぇ。
千秋楽ならではの展開はアンコール以降。ハニワは外されてしまいました、過去4公演では大サビの転調からその場で1回転する、というのをずっと続けてきたんだけれども愛知では叶わず。
やたらMCで「巡り逢い」という言葉を連呼するから、もしかしたらと思ってたらやっぱり来ました。カタチナイモノではなく、かけがえのないもの。
ひとりにひとつの永遠、のくだり。茅原実里さんだからこそ、茅原実里さんのらいぶだからこそ、あのような流れになったのだろうな、と。他の現場にあまり詳しくないですが、愛を歌い続けるみのりんにしか、できないことだったと思っています。
否が応でも、直後のサマドリを連想させるフリドリでのシメ。また今年も、夏を始めに行きましょう。


出会いの感謝の連続。
この時代に生まれ、茅原実里さんを応援できてよかった。と、心から思いました。
いつもそうですが、より愛を感じる温かいステージだったからこそ居心地が良く、我々もみのりんももっと続いてほしいと思ったのではないでしょうか。

打ち上げるまでが、Innocent Ageツアー、かもしれません。また河口湖でお会いしましょう。

焦り

仕事が休みの日には、家でしっかり身体を休める。仕事のために体調管理をしっかりする。
最近、体調を崩す人がちょこちょこ出てたからか、職場で言われることがあります。
仕事のために体調管理と言うと違和感がなくもないですが、結局働かないと稼げないので稼ぐためには体調管理を怠るな、ということですね。それ自体は別に気にならないのですが。

……このところ、家でのんびりしてると何やら「焦り」を感じるのですよねぇ。アニメ視聴本数も減ってきてるから、録画の消化とかもすぐに終わってしまいますし。じゃあ過去作品見ればとかも言われるんですが、そこまでモチベーションないんですよね。見なきゃーって作品もイマイチ思い浮かびませんし。花咲くいろはHSH未だ見てねぇぞ見なきゃ。
PSVitaいじってればいいのですがね。ハナヤマタもみがるも触り始めて止まってしまってる。音ゲー的にはデレステのほうが優先順位高いんだなぁ。MASTERフルコン、全曲は難しいけれど、できそうな曲はやりきりたいからねぇ。6月になるとカリギュラとか出るけど、ホントに買ったところでやるかどうか怪しいところである。大坪さんのお給料になれ。

でまぁ家でゴロゴロしてると何やら焦るんだけども、だからといって何かやらなきゃいけないこともこれと言ってない。長い目で見れば仕事の勉強だとかあるけれども、それはさておいて(いつもの後回し)、昼前くらいに起きて、大してやることもないのにパソコンカタカタして、夜になってて飯食って寝る、こんな休みはこれでいいんだろうか感がなかなか。
友人にしてみりゃそんな休みが理想で、昼まで寝てて日中ゴロゴロして一日を終えたい。そんな休日が毎日ほしい、なんて言ってたけど。
こんな生活は何やら心がモヤモヤして精神的に落ち着かない。どうしようね。

どっか出かけたい。イベントとか行きたい。口癖のように言うけど、当日は一瞬で過ぎてまた暇な休日がやってくる。また旅行したいとか言い出す。
欲望のままに散財してるから、お金が貯まらない貯まらない。貯蓄する意味でも、ちゃんと「家でゴロゴロ」を満喫できるようになりたいものである。家で焦っててもしょうがないんだがなぁ。


なにをそんなに生き急いでるんだろうね。
広告を非表示にする

日本語って難しい

日本語が難しいというか、ある言葉の正しい意味を知るまでに違う意味で認識してしまっていた言葉がいくつかある。Twitter等でチラ見した言葉を別の文脈で捉えてしまったのか、単に私の理解力が低いのか、定かではないけれども。
そんな言葉の話。

①箱推し
アイドル等で○○さんを応援している、というときに使われる○○推し、という言葉。特定の個人でなく、アイドルグループやユニットを集団として応援する場合に使われるのがこの「箱推し」という言葉だそう。「私は七森中☆ごらく部箱推しだから」みたいな。
私は「会場推し」と勘違いしてました。建物としての会場をハコと呼ぶことがあり(あのハコのキャパはウンヌンカンヌン、みたいな)、その流れでハコ=会場と思ってしまった。
私のハコ推しは舞浜アンフィシアターだ、みたいな。パシフィコ横浜もいいぞ。

私が勘違いしていた方の意味から言うと、「女の子による、女の子のためのバー」なのかと思っていた。男子禁制、百合の園、ではないけれども。
それがどっこい、本位は逆であった。男子禁制どころか野郎どものための店じゃねぇか。風営法に引っかからない風俗店(失礼)か。もっと徳の高い場所かと思ったら徳の低い店であった。最近よく聞くからそういう需要が増えてきたのかと思った。残念。
(私が考えていた方の)ガールズバー、女性バーテンダーが接客しつつ、女の子と女の子が酒を飲み交わしつつ喋ってる、のをマジックミラーかなんか越しに眺めつつ、ひとりゆっくり飲める店とかないものか。と思ったけれどもそれも結局二次元での要望なので、アニメ見ながら飲むのと同義であった。

③ヒモ
「ヒモになりたい」という言葉をチラホラ見かけるが、本来の意味合いとしては「女性に貢がせたり、女性に養わせている男」だそう。ゲスいっすね。
これもまた逆かと思っていた。「女性に貢いている男」かと思っていた。つまり「ヒモになりたい」=「女性に貢ぎたい」みたいな。汗水垂らして働き稼いだお金を全て貢ぐことに喜びを感じる、のかと思った。違うのか。
私が考えていた方の意味であれば、私も京子ちゃんのヒモになってもいいなとか思ったことはあるが、本来の方であれば全然そんな気は起こらない。というか声優さんとかアニメとかについては既に金ヅル状態になっているのでは……たぶんその「金ヅル」と「ヒモ」が頭の中でごっちゃになってたんだと思う。私がなりたいのはヒモではなく金ヅル(違


基本的に私の頭の中では「男という生き物は総じてクズ」になっているので、こと男女が関わるものについては男を下にした考え方に走りやすいのだと思う。
百合が全てではないがゲスい男は消えよう。
広告を非表示にする

複式単線自動循環式

ふくしきたんせんじどうじゅんかんしき、と読みます。

それってなんぞや、と言いますとアレです、箱根ロープウェイです。ゴンドラから2本の手が伸びてて、それぞれワイヤーに掴まってるやつ。それが「複式単線」方式といいます。他の種類としては「単線」と「複線」がありますが、詳しい説明は省きます。

では後ろの「自動循環式」は何かといいますと、ワイヤーがぐるぐる回ってるタイプのうち、乗降場では速度が落ちる(ワイヤーから外れる)やつです。スキー場の高速クワッドリフトもそれですね。デタッチャブルリフトとか言います。余談ですが2人乗りの高速リフトや、6人乗りの高速リフトなんかもあります。6人乗りは国内だと広島県の芸北国際スキー場にしかありません。

速度が落ちないやつ、常に一定速度でぐるぐる回ってるやつは「固定循環式」と言います。基本的に3人乗りまではこのタイプが多いですが、4人乗りでもあるにはあるようです。

「(自動・固定)循環式」の他には「交走式」というものがあります。読んで字の如く、交互に走るものです。左の線と右の線にそれぞれゴンドラが1つずつしかなく、片方は上から下へ、同時にもう片方は下から上へ動きます。大型のロープウェイはこのタイプですね。

 

 

さて、ここまでは前置きです。

そもそもこのブログのアイコンはなぜフニテル(複式単線自動循環式のうち、ワイヤー2本の幅がゴンドラの幅より広いもの)なのか、というお話。

このゴンドラが、私だとします。2本の軸にぶら下がることで、私は動くことができます。この軸から離れてしまったら、ゴンドラはなんの役にも立ちません。せいぜいスキー場の駐車場の隅に置かれてる休憩室くらいにしかなりません。

ワイヤーはそれぞれ、茅原実里さんと、大坪由佳さんです。この2人によって動かされているのが、ゴンドラである私です。証明終了。

普段から、2人とも単推しであるという主張のため「複式単推し」などとのたもうておりますが、一応自分の生き方にも通じる話なのであります。言葉遊びと言われるかもしれません。たぶんその通りです。

 

ちなみにハンドルネーム、普段は「たっきー」という、日常的に呼ばれ慣れている(本名がバレる)HNを使っておりますが、たまに別名義で「きなこもちばうむ」を名乗ることもあります。

由来はとても簡単で、茅原実里さんの好物である「チロルチョコきなこもち」と、大坪由佳さんの好物である「バウムクーヘン」からそれぞれいただいただけです。いつごろから使ってるかちょっと覚えてないのですが、そんなに考えることなくポロッと思いついて、あぁなんか語感いいし半値っぽい、とか考えてた覚えがあります。

あと「関名急行(かんめいきゅうこう)」とかいう死語と化した名前もあったりしますが、これIDの「kanmeiexp」で頻繁に使ってます。由来は聞かないでください。

 

Twitterのユーザー検索で「フニテル」と調べても出てこなかったので、「ふにてる」とかHNにしてもいいかもしれない。とか感じる今日このごろ。なんか響きがHNっぽくてよい。

本業と副業

社会人オタクは、自分の従事するお仕事は「副業」で、オタク稼業を「本業」と言ったりする。もっとも、稼業と言いつつ生計を立てる儲けが出るかというとそうではないのだが、お金以前に人生を維持していくためには必要な活動であるということか。プロデューサー業なんかはそのまんまお仕事(推し事?)なのでわかりやすいけど。

ところが、私たちは副業に足枷をはめられているわけで、いろいろ本業に支障が出てくる。学生オタクは最悪講義を蹴ってでも本業優先で動くことはできるけど、社会人オタクとなるとそうもいかない。 
人生の目的は本業にあるのに、本業優先で動くためには副業との調整が必要。難儀である。

とはいえ、ライブイベントなんかは基本的に土日開催が基本。土曜開催のイベント物販に朝から並ぶために前入りしようとか、日曜開催のイベント後身体やられそうだから月曜休もう……という判断はあっても、イベント自体が副業を支障することはあんまりない。
逆に考えれば、イベント運営はもちろん、キャストもみんな休日出勤なんですよね。いつもありがとうございます。

だがしかし、私もそうですが不定期勤務の職場だとそう単純な話ではなくなる。平日休みはあるけど、休日出勤もある。
一応事前に休日の希望はだせるものの、まぁ社会通念上の常識の範囲内で、といったところ。そりゃそうだ。

すると、学生オタクの時は何も憚ることなくできていた、1ヶ月毎週末イベント、なんて運用はなかなか厳しくなってくる。イベントの取捨選択を迫られてくる。どうしても行かなければならないイベントの日は休みを申請し、他の日は偶然休みになるのを祈る。
イベントのチケットなんかは数ヶ月前に発売されるから、時には見切り発車でチケットだけ押さえる必要も出てくる。

なかなか厳しい状況の中、今年度1年は参加したいイベント殆どに参加できていたと思う。かなり強気で休みを頼んでいたのもあるが。
しかし来年度、初っ端から厳しい案件がある。茅原実里さんのライブツアー。6月から7月に渡り全国5箇所を回る。翌8月には恒例の河口湖ライブが行われることも確定している(ようなもの)。
3ヶ月に7公演のライブ、全て外せないのだが、これ全部本業優先で動けるんだろうか。いや実現させるんだけど。

いかんせん副業の稼ぎがないと成り立たない本業。バランスを取りつつ(取れてない)。
広告を非表示にする

夢の国

この国において「夢の国」といえば、真っ先に思い浮かぶのは東京のはずれ、からも外れた千葉県浦安市にあるネズミの国になるんだろう。大阪駅から大阪環状線ホームに来るゲテモノ塗装の103系に乗っていく夢の国もあるにはあるが、まだ本流ではないのかなという感じ。考えてみれば舞浜にも103系が割と近年まで走っていたわけで、201系ならつい最近まで走っていた。夢の国自体はさておき、夢のない夢の国アクセスである。

さて、今年に入り既にその夢の国に2回ほど足を運んでいる。1月にSのほう、3月に(Mのほうではなく)Lのほう。SのほうはTower of TerrorのLevel:13thをまだ未経験だったし、LのほうはSTAR WARS 7th公開に伴って特別編になってるしで、ちょうど行きたいところだった。平均するとなんだかんだで年に1回くらいは行ってると思う。

ところで、世のオタク様はディズニーリゾート嫌いな方が多い。ように思う。
「行ってきた」と言うと「なんで?」と言われる。なにがなんで?なのか、こっちが「なんで?」である。先日は「たっきーって案外そういうリア充っぽいことしてるよね」とか言われた。嫌味かそれは。

ディズニーはリア充が行くとことか、カップルが行くとことか、別にそういう固定観念に囚われる必要ねぇんじゃないかなぁと思うんだがな。もっとも小さい頃から年イチペースで家族ディズニーしてたから、あまり抵抗感ないのかもしれないけど。全く触れる機会がなくて、「非リアが行くとこじゃない」みたいな風潮に流されるのもまぁわかる。

確かに待ち時間は長いし人は多いし、楽しもうと思わなきゃただの苦行かもしれんけどね。気心知れた人と気ままに遊びに行ってもいいんじゃないかね。だからといって先日やってたみたいに待機列でひたすら駅名しりとりしてるのもどうかと思うけど。「北秩父別!」とか言ってゲラゲラしてんの怪しい集団だぞ。

何事も楽しむ姿勢が大事。




まぁ、ここ数年はお隣の舞浜アンフィシアターに声優さん推しに行く回数のほうが格段に多いんだがな!
広告を非表示にする

5年

この日になると誰しもがこぞって振り返る。私もそのひとり。5年前当日のことについてはいろんなとこで振り返ってる気がするので、この5年間で変わったこととか。


最後の学生生活である大学が終わった。
学生の間はただただ気ままに過ごしてたなぁ。元々勉強嫌いだから、大学行って何か実になることをしていたかというと怪しいが。というかしてないか。
……今も大して変わってないのかもしれませんね。今でこそ企業の下で働いてるわけだけど、余暇にやってることは学生時代と大差ないと思います。下手に経済力だけ少し付くもんだから、余計無茶なことしてるかもしれんが。


アニメの見方が変わった
前は一本一本じっくり観ていたような気がするのですがね。いつの間にかいろんな作品をザックリ見るようになったように思います。別に良し悪しの話ではないのですが、昔ほどのめり込む作品が少なくなったかなぁ。作品自体も最近は量産型ですから、その影響もあるやもしれん。
それに伴ってか、好きなキャラクターも一向に増えません。歳納京子さん以来増えてないんじゃないか。まぁ、割と雑にかわいいかわいい言うようになったから、特筆すべきキャラになるハードルは上がったかもしれません。
とは言えのめりこめる作品もありますから、しっかりアンテナ張っていきたいと思う今日この頃。遂に2015冬クールは視聴作品ゼロですよ……珍しい。


大坪由佳さんを知らなかった
これさっきお風呂入ってて思い至ってびっくりしたんだけど、5年前ってまだゆるゆり放送してなかった……つまり大坪さん知らなかったんですね。
5年、5年かぁ。ゆるゆり観たのが2011年11月。大坪さん個人を推し始めたのが2012年6月。推し始めから数えると、今度の6月でやっと4年ですか。いろんなイベントに行かせていただいてますから、もっと経ってるような気がしてました。今でこそ行動原理になってますが、まだ5年経ってないんですね。因みに茅原さんのライブに行き始めてからはもうすぐ6年経とうとしています。
いろいろ考え込むとマイナス方向で鬱っぽくなってしまうのはまぁ今も変わらないのですが、その状態がつづくような、落ち込みっぱなしになってしまうことが、大坪さん推し始めてから減ったように思います。笑顔の力は偉大ですね。power of smile


5年もあると人は変わるものです。変わらないところもあります。大坪さんを知らない私というのもなかなか思い出しにくいところではありますが、そんな時代もあったのですね。

全然それっぽい振り返りじゃないですが、頻繁でなくとも定期的に東北には足を運んでます。自分にできることは大してありませんが、誰もが笑顔になれる復興がなされることを願ってやみません。
広告を非表示にする