笑顔を追う人を追う人。

フニテル推しを推進するたっきーさんであった

カモさんチーム

好きな作品にお金を貢げるのは幸せなことである。お金がなければ作品が終わってしまう。後で公開するなら貢げるうちに貢いでおけ。
そんな風潮。はっぴ〜ぱ〜てぃ〜。

3/20に「七森中♪はっぴ〜ぱ〜てぃ〜」なるライブイベントが行われます。言わずもがな、TVアニメゆるゆりのイベントです。
七森中☆ごらく部のイベントとしては、1月にもあっただけにそう珍しいものではないのですが、ゆるゆりオールキャストのライブとなると話が変わってきて、2013年2月に行われた「七森中♪ふぇすてぃばる」以来実に3年ぶりのものになります。
昨年6月の「七森中♪やがいふぇす」ではサプライズで生徒会キャストが出てきはしましたが、ガッツリライブ参加するのは久しぶり。ゆるゆりふぁみり〜皆が求めていたこのイベント、アニメ3期が実現したからいずれやるだろうとは思っていた私も、やっぱり嬉しかったのです。

ライブイベントのチケットは、BDやらCDやらに付いてくる優先応募券を使って申し込むのが主流です。モノによってはそのあとプレイガイド先行があったりしますが、確実にチケット押さえたければ優先応募券が安定。
特にポニーキャニオンは最近自社通販でチケット販売しますから、プレイガイド介さないですし。優先応募券での申込でほとんどのチケットを捌いてしまい、余りとキャンセル分を一般販売に回すスタイルでやってるみたいです。

私も例に漏れず円盤を買い、昼公演夜公演それぞれ申し込んでいたわけです。が。
なんとまさかの、夜公演支払い忘れによりキャンセル。なんとまぁ。なんとまぁ。
意図的に支払わずチケ流すことはありましたが、行くつもり、どころか本命のチケットを支払い忘れるなんて失態は、初めてやらかしましたな。いやはや……当選通知が来てすぐ支払ったと思っていたのですが。おかしい。

……そんな流れがあった先月末。本日は、その余りとキャンセル分が出される一般販売の日。抽選販売の先行に比べ、一般販売は先着販売。人気のライブだと瞬殺みたいです。
ゆるゆり久しぶりのオールキャストだし、さぞかしこれもマズいんだろうな……と思いつつ、帰宅が間に合わず某駅の待合室でスマホを握りしめ19時を迎えたわけですが。
……あっさりチケット確保できてしまいました。少し拍子抜け。

紆余曲折ありつつ、なにはともあれ昼公演夜公演通しで参加できることになったわけでした。そのためにお金稼いでるようなもんなんだから、ライブ行けなきゃ元も子もない、と。
生きた心地がしなくなるから、チケット当選通知が来たらちゃんとすぐに支払いましようね。初歩の初歩に立ち返らされたこの1ヶ月でありました。これからも健全にイベントライフを送っていきたいものです。


……因みに、一般販売と同じタイミングで、ライブの売上に直結する物販情報が解禁されました。ライブってチケ代じゃ儲からないらしいからね。グッズ買わないとね。
……計算してみたら31,000円貢げるらしいです。わーい。わーい。
広告を非表示にする

新幹線と飛行機

地元の友人と話したときのこと。

旅行に新幹線をぶち込むのはやっぱり便利だという話になった。学生の頃も奴とはよく旅行に出ており、私がアレなこともあってやはり青春18きっぷ(またそれに類するきっぷ)にお世話になっていた。北海道まで連れ回したこともあるが、流石にあれはやり過ぎだったか。

そんな彼はあまり自発的に旅に出るタイプではなかったが、秋あたりに愛媛に行ってきたとのこと。聖地巡礼新居浜に行くことが主眼だったようだが、その時はジェットスターを使ったとのことであった。
一度、私も込みで福岡に行ったことがあり、そのときジェットスターを使ったものだからLCCに対する抵抗が薄かったとは思うが、チケ手配から旅行まで全て自分でやったとは少々驚いた。同い年にどんな上から目線だとは思うが。

次はどこに行こうかねなんて話をしてたが、飛行機もそれはそれでいいが、やっぱり新幹線が使いやすいとのこと。
飛行機だと行程が飛行機中心になってしまって、空港に早めに行ったりと余分な時間も多くなる。荷物分けるのも面倒だし、検査もあるし、と。
その点新幹線は、駅に行けばすぐ乗れるし、早めにと言ってもそこまで大げさじゃない。20分前にでも着いて売店で買い物してればいい。ギリギリで着いても乗れるし、最悪乗り遅れてもなんとかなる。

一般人的な感覚からすると、やはりそうなってくるんだろうか。最近はLCCの台頭で飛行機の値段が落ちているようにも感じるが、それだけのリスクを抱えてのものだし、FSCの早割は相当早く取らなければ新幹線並の値段にならなかったりする。

そもそも新幹線と飛行機を同列で考えるものではない、ということなのだろう。
金沢、函館と立て続けに新幹線が伸びていく近年、いちいち飛行機と比較して新幹線不要との話が出てくる。そもそも同じ土俵に立っていない、と。
なかなか非オタからスルッとこの話が出てくることは少ないもので、少し感じるものがあった。だからどうというわけではないが。
広告を非表示にする

大洗に行ってきた

いや、行ってきたのは入間市なんですけれども。9回目の鑑賞をしてまいりました。

ガルパンというと、2012年の放送当時既にハマっていて、年末に大洗に行ったりしてますね。その頃は、確かに大洗巡礼者は多くいましたがまさかここまで流行るとは思ってもみませんで…….。
もともと詳しいとは言わないまでも戦車について多少知ってはいたので、興味が向いたんでしょうね。ストーリーの内容も好みでしたし。

4DXとは非常に親和性の高い作品です。「椅子が」振動したり動いたりすることが中心ですからね。雨降ったり香りが漂ったりもしますが。椅子が動くので、乗り物関連は再現性が高いんだと思います。
とはいえ難しいかなと思う部分もあって、常に一人称目線じゃないと、自分はいま誰なんだろうなーと思ってしまう部分もあるんですよね。まぁどの4DX作品にも共通することだとは思いますが。

合わない人がいるのもわかりはするんですけどね。リアルとフィクションの合間をいく作品ですから。ストーリーの整合性という意味でも、TVシリーズの流れと劇場版が合わないとか。
でもまぁ、ありがたいことにあまり深いこと考えずに受け止められる人間なので、素直に楽しんでいる次第で。

今日は車で行ってきたのですが、帰りはSäkkijärven Polkka流しながら関越を100km/hくらい(控えめな表現)で突っ走ってました。天下のクリスティー式(ではない)舐めんなよーっ!

近いうちに大子町の旧上岡小学校行って、シネプレックス水戸で聖地4DX鑑賞したいものです。ひとりで車出すのはコスト悪いので……同行者を……
広告を非表示にする

楽曲の回収

自分が生で聞いてみたい曲が、実際にライブで歌われてその場に立ち会うことを「(楽曲を)回収する」と表現したりしますね。

アーティストさん個人名義の曲ですと、フェス等でなくその人のソロライブに通いつめればいずれ回収できるんじゃないかと思います。シングルのc/w曲等ですと、一度歌われてから次までかなり間が空いたりしますが。まぁ、歌われる可能性はゼロではない、と。
所属変わってたりすると、大人の事情とか絡んではきますが。

でも、アニメタイアップ曲で、そのキャストさんがキャラクター名義で歌った曲となるとどうでしょうね。最近はイベントやってオタクからお金巻き上げるのが流行ってます(悪意はありません)から、そのアニメのイベントに行けばOPED等は回収できるのではないでしょうか。
楽曲に力を入れているアニメであれば、アニメ単体でライブ特化型のイベントを組むこともあるでしょう。近頃ならシンフォギアですか。ゆるゆりはなんでライブイベントできてんだか未だによくわかりません()が。

さて、アニメ放送時とか放送後とか、ある程度アツい時期にイベントが行われ、その先アニメが続けばいいのですが、続かなかったら。アニメ放送終わって数年経ってから、いきなりイベントが行われるのなんて稀です。集客見込めませんし。
でも、楽曲はずっと残ってるんですよねぇ。それも回収済みならまだいいですよ。もしくは、イベントに行けず歌われたけど回収できなかった、というのも仕方ない。
……結局生で歌われることもなく、回収しようのなかった曲、というのもゴマンとあるわけですよねぇ。
挿入歌とか、キャラソンとか。せっかくいい曲なのに披露される機会がなかった……なんて悲しい話。

アニメのユニット全員揃えるのは、ほとぼり冷めてからでは難しいかもしれないから、一部だけでもいいから本人たちの歌唱が後々になってでも聞ける機会あるといいよなぁ。それを望む人がバラけてしまうから、難しいんだけど。

かと*ふくのライブに大坪さんとWUGメンバーがゲスト出演したことにより実現したI-1 clubで、またもや歌われなかった「シャツとブラウス」のことなんかを考えつつ、ちょっと思った。何が言いたいのかようわからんけど。
まだWUGなんかは続いてるから、引き合いに出す作品じゃないかもだけどね。でもリトル・チャレンジャーリリースからもうすぐ2年経つんだなぁ。



……長門有希(cv:茅原実里)さんのGreed's accident、どこか回収できる現場ありませんかね。
広告を非表示にする

あ、これ生歌聞くと立ち尽くすやつ

声優アーティストの茅原実里さんという方がいらっしゃいます。当ブログのタイトルになっている「笑顔を追う人」のひとりです。私が推しはじめて数年経ちます。

昨年、茅原さんの誕生日11月18日にリリースした「恋」というシングルの3曲目に「あなたの好きなわたしで」という曲があります。
シングルに入っている3曲はどれも恋を中心に据えた曲ですが、前の2曲がアップテンポなものなのに比べ、バラードに仕上がっているこの曲。なんだか最近、リピートしがちで。全く関係ないのですが、半年遅れで「プラスティック・メモリーズ」というアニメを見てからというもの、やたら聞きたくなってしまうのはなぜなんでしょうね。


2番のBメロがこんな歌詞になっています。

-------
会えなくても大丈夫 嘘つきな強がり
見抜いてくれますように
だけどそんな自分が 悲しくて悔しい
弱さで引き止めたくはない
-------

……だからどう、というわけではないのですが。なぜかやたら印象に残る歌詞です。なんででしょうねぇ。自分が弱いからかなぁ。


特に歌詞に深く切り込むわけでもなく、作詞家の真意を解き明かすわけでもないですが、琴線に触れた曲の紹介はちょくちょくしていきたいものです。アーティストが偏りそうですが。

ザル

先日会社の先輩に言われた一言
「たっきーってザルだよね?」

はて、なにかチェック漏れでやらかしただろうか……とか思っていたら、酒呑みの方であった。

この記事を書いている時も、冷蔵庫からカニカマ引っ張り出して突っつきつつビール(ではない)呑んでるわけですが、果たしてザルなんでしょうかね。
職場の有志でスキー旅行に行った時酒の買出しをしたわけですが、私自身があんまりチューハイ飲まないので適当に放り込んでったら全部Alc.8%と書いてあるストロングだったもんで、そんな感じに思われたのかもしれませんが。ザルというほど量は呑まないんですよねぇ。呑みすぎて壊れる前に眠くなって落ちるので。
まぁ私がザルかはさておき、お酒のお話。


最近飲むのはもっぱらビールか日本酒。前は焼酎よく飲んでたのですが、あんまり飲まなくなったかなぁ。アルコール控えてた就職期を境に、焼酎から日本酒に変わった気がします。今でも飲みますけどね(黒霧のお湯割りを呑み始める)。
ワインも多少飲みはするんですが、ウイスキーは全く飲まないんですよね。たぶん最初に飲んだハイボールが不味かったからだと思うんですけど。お酒ってもちろんモノの良し悪しもありますけど、飲み方によっても好き嫌い分かれますよねぇ。ワンチャンウェーイ大学生は安い酒でいいのかもしれませんが。
私のいたサークルは食品の価値基準が高かったので、そういう面では居心地良かったですよねぇ。ビールといえばエビスかプレモル、日本酒といえば銘柄モノ、焼酎といえば本格焼酎が普通に出てきますもんね。酒には金かけなきゃ(アカン)

ビールといえばやっぱりサッポロクラシックがよい。スーパーで北海道フェアやってるとどうしてもかってしまうアレです。
でもアレ、サーバーから注いだやつが至高です。初めて飲んだ時は泡のきめ細かさにビックリしましたねぇ。トワイライトの車内で飲んだの、良さしかなかった……。
エビスもプレモルも良いんですけどね。普段と違う色の新品出てるとつい買ってしまう日本人であります。どちらかというとエビスのほうが好きかな。全体的にサッポロ推しな感はある。

日本酒に関してはあんまり詳しいわけじゃないんですが、旅先でいろんなの飲めるのが良い。好みというと難しいけども、吟醸酒よりは醸造酒の方が好きなんかなぁ。スルッと流れるのより、飲み応えあるやつがいい。
純米酒古鷹、とある縁で知ったお酒ですが、世の中には流通に乗らないお酒も山のようにあるんだなぁ、と。純米酒古鷹を扱う江田島銘醸さんは通販を行ってますが、通販やらない酒蔵もいっぱいあるでしょうし。まぁ焼酎にも言えるとは思いますが、実際に巡ってみないとわからないお酒が各地にあるってのはおもしろいですね。


なんで突然お酒の話をし始めたのか知りませんけど、最近飲み会では2〜3杯ビール飲んでから日本酒、って流れが定番になってますって話でした。

広告を非表示にする

(4回目の)ブログ、始めました。

昔のブログは今やどうなってるんでしょうね……(遠い目)

界隈でのはてな開設ブームが一段落しましたが、なんとなく最近長文を書きたくなってしまいまして。年が明けてからというもの、日記を書き始めたりなんだり、なんだかんだ文を書くことが増えてきましたね。Twitterに慣れて数年、結局長文に戻ってくるものなのでしょうか。

有益なことがあるわけでもなし、知人が見ることを前提に書き連ねていくような文の掃き溜めです。