読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

笑顔を追う人を追う人。

フニテル推しを推進するたっきーさんであった

夢の国

この国において「夢の国」といえば、真っ先に思い浮かぶのは東京のはずれ、からも外れた千葉県浦安市にあるネズミの国になるんだろう。大阪駅から大阪環状線ホームに来るゲテモノ塗装の103系に乗っていく夢の国もあるにはあるが、まだ本流ではないのかなという感じ。考えてみれば舞浜にも103系が割と近年まで走っていたわけで、201系ならつい最近まで走っていた。夢の国自体はさておき、夢のない夢の国アクセスである。

さて、今年に入り既にその夢の国に2回ほど足を運んでいる。1月にSのほう、3月に(Mのほうではなく)Lのほう。SのほうはTower of TerrorのLevel:13thをまだ未経験だったし、LのほうはSTAR WARS 7th公開に伴って特別編になってるしで、ちょうど行きたいところだった。平均するとなんだかんだで年に1回くらいは行ってると思う。

ところで、世のオタク様はディズニーリゾート嫌いな方が多い。ように思う。
「行ってきた」と言うと「なんで?」と言われる。なにがなんで?なのか、こっちが「なんで?」である。先日は「たっきーって案外そういうリア充っぽいことしてるよね」とか言われた。嫌味かそれは。

ディズニーはリア充が行くとことか、カップルが行くとことか、別にそういう固定観念に囚われる必要ねぇんじゃないかなぁと思うんだがな。もっとも小さい頃から年イチペースで家族ディズニーしてたから、あまり抵抗感ないのかもしれないけど。全く触れる機会がなくて、「非リアが行くとこじゃない」みたいな風潮に流されるのもまぁわかる。

確かに待ち時間は長いし人は多いし、楽しもうと思わなきゃただの苦行かもしれんけどね。気心知れた人と気ままに遊びに行ってもいいんじゃないかね。だからといって先日やってたみたいに待機列でひたすら駅名しりとりしてるのもどうかと思うけど。「北秩父別!」とか言ってゲラゲラしてんの怪しい集団だぞ。

何事も楽しむ姿勢が大事。




まぁ、ここ数年はお隣の舞浜アンフィシアターに声優さん推しに行く回数のほうが格段に多いんだがな!
広告を非表示にする