笑顔を追う人を追う人。

フニテル推しを推進するたっきーさんであった

日本語って難しい

日本語が難しいというか、ある言葉の正しい意味を知るまでに違う意味で認識してしまっていた言葉がいくつかある。Twitter等でチラ見した言葉を別の文脈で捉えてしまったのか、単に私の理解力が低いのか、定かではないけれども。
そんな言葉の話。

①箱推し
アイドル等で○○さんを応援している、というときに使われる○○推し、という言葉。特定の個人でなく、アイドルグループやユニットを集団として応援する場合に使われるのがこの「箱推し」という言葉だそう。「私は七森中☆ごらく部箱推しだから」みたいな。
私は「会場推し」と勘違いしてました。建物としての会場をハコと呼ぶことがあり(あのハコのキャパはウンヌンカンヌン、みたいな)、その流れでハコ=会場と思ってしまった。
私のハコ推しは舞浜アンフィシアターだ、みたいな。パシフィコ横浜もいいぞ。

私が勘違いしていた方の意味から言うと、「女の子による、女の子のためのバー」なのかと思っていた。男子禁制、百合の園、ではないけれども。
それがどっこい、本位は逆であった。男子禁制どころか野郎どものための店じゃねぇか。風営法に引っかからない風俗店(失礼)か。もっと徳の高い場所かと思ったら徳の低い店であった。最近よく聞くからそういう需要が増えてきたのかと思った。残念。
(私が考えていた方の)ガールズバー、女性バーテンダーが接客しつつ、女の子と女の子が酒を飲み交わしつつ喋ってる、のをマジックミラーかなんか越しに眺めつつ、ひとりゆっくり飲める店とかないものか。と思ったけれどもそれも結局二次元での要望なので、アニメ見ながら飲むのと同義であった。

③ヒモ
「ヒモになりたい」という言葉をチラホラ見かけるが、本来の意味合いとしては「女性に貢がせたり、女性に養わせている男」だそう。ゲスいっすね。
これもまた逆かと思っていた。「女性に貢いている男」かと思っていた。つまり「ヒモになりたい」=「女性に貢ぎたい」みたいな。汗水垂らして働き稼いだお金を全て貢ぐことに喜びを感じる、のかと思った。違うのか。
私が考えていた方の意味であれば、私も京子ちゃんのヒモになってもいいなとか思ったことはあるが、本来の方であれば全然そんな気は起こらない。というか声優さんとかアニメとかについては既に金ヅル状態になっているのでは……たぶんその「金ヅル」と「ヒモ」が頭の中でごっちゃになってたんだと思う。私がなりたいのはヒモではなく金ヅル(違


基本的に私の頭の中では「男という生き物は総じてクズ」になっているので、こと男女が関わるものについては男を下にした考え方に走りやすいのだと思う。
百合が全てではないがゲスい男は消えよう。
広告を非表示にする